ブログ

少子高齢化について

2019.7.24

皆さんこんにちは、タイセイの谷越です。
今回は「少子高齢化」について書かせていただきます。
今年の春ごろから高齢者による悲惨な交通事故が多発していますが、皆さん「どぉ」
思われますか?
近年、死亡事故は10年間で減少しているが高齢者(75歳以上)の運転による死亡事故
は増加しているようです。
高齢化が進み75歳以上の免許保有者が10年前と比べおよそ2倍になり、そもそも
少子高齢化に伴い高齢ドライバーの割合も増加していくのも当然ですよね。
これはもう何十年も前から分かっていたことであり、これといった対応・対策をしてこなかった国や行政にも問題があると思います。

この間、報道でもやっていましたが高齢者の多くは「自分の運転に自信がある」と
思っている方が多いそうです。
でもとっさの判断や操作ミスは年齢を重ねてくほど衰えていくのもですよね。

免許証返納の推奨や運転操作に関わる装置の開発・販売が進められているようですが
自動車は日本の基幹産業でもあるので非常に重要であり、もっと重きを置き抜本的
に改革を進めるべきだと思います。

さて、当社事業の人材派遣も高齢の方の応募が確実に増えてきております。
最近では75歳の方からの応募もありましたが採用条件とマッチングせず、ご縁が無かった
状況でした。
70代の応募は稀ではあるのですが応募総数の約1割程度は60代ですねぇ。
今の高齢者といわれる方々の力で日本が大国になった訳ですが、なかなか採用に至っては
厳しいのが現状であります。

企業様からの若い方希望の採用条件も分かりますが、まだまだお力になれる年齢の方も
数多く居られます。
人材不足の状況のなかで今一度、年齢の幅の見直しもよろしくお願いします。

文責:谷越

アーカイブ